Header image  
 
 

 

JCSSの必要性と重要性について

1.JCSSの概要
平成5年11月に校正事業者認定制度として運営が始まり、平成17年 7月 1日、校正事業者登録制度と変更されました。
JCSS登録は、国際標準化機構及び、国際電気標準会議が定めた校正機関に関する基準 (ISO/IEC 17025)の要求事項に
適合していることが条件となります。
校正を実施するために必要な品質システム・校正方法・不確かさの見積もり・設備が適切かどうか、また品質システムが
適切に運営されているか等の書類審査及び、現地 審査が行われて登録されます。
JCSS登録した校正事業者は、「JCSS」の 標章が入った校正証明書を発行できます。
また、国際MRA対応のJCSS認定事業者は、「ILAC MRA付 JCSS認定シンボル」 の 入った校正証明書が発行できます。
2.国際MRA対応の JCSSの標章の効果
国際相互承認に参加している認定機関の間では、国際MRAのシンボルマークが入った校正証明書は、相互評価(ピアレ
ビュー)されているため、国際的に適合したものとして 評価されます。
3.JCSS標章付き 校正証明書の信頼性
JCSS(計量法校正事業者登録制度)は、計量法関連法規の ISO/IEC-17025の 要求事項に 基づいた校正を 実施する
技術能力を持った校正事業者であることをNITE(製品評価技術基盤機構の発行するJCSS標章付きの校正証明書は
日本の国家計量標準にトレーサ ブルであることを証明し、且つ 当社の技術能力や、品質システムの信頼性を 保証する
ものでもある為、信頼を得ると同時に責任の重い資格でもあります。
4.JCSS校正と検定等の違いについて
検定,公的検査機関等による検証,基準器検査は、JCSS校正に含まれていないため、 不確かさが明記されていない
場合もあり、その違いを注意しておく必要があります。
5.JCSSの社会的要請について
顧客が要望される社会的な要請には様々な理由があります。
①ISO-9000関連及び、他の認定機関の制度維持のためにJCSSが必要
②ISO取得企業の定期監査及び、校正結果を外部に提示する場合に必要
③行政からの立入検査等に対応したトレーサビリティの確保がしたい
④JCSSのロゴ付の場合、トレーサビリティ関係の書類が不要
⑤国家標準にトレーサブルな基準を使用したい
⑥トレーサブルな標準器の保有及び、その定期校正を要望
⑦不確かさの付いた証明書が必要
⑧信頼ある校正、またJCSSの権威を要望
6.JCSSの必要性と重要性
様々な社会情勢の動きや、ISO-9000を始めとする 認定機関の動きなどでは JCSSの必要性は加速すると
考えられます。
様々な産業分野において高度化する技術革新の中、高精度の計量標準の確立と 安定した計量標準を 円滑に供給するよう
要望されており、これらの供給した計量標準が、日本の計量標準との繋がりがあることを証明できるシステムとして、
今後 更なる整備がされると想定されています。 既に、一般計量器及び、特定計量器に関しても計量法の枠からJISに
移行されて おり、今後、行政から民間への動きはさらに加速すると考えられます。
このJCSS制度についても計量に携わる企業であれば、必要不可欠な制度であり この業界で商売を行い続けて行く
ためには、重要な資格であると考えられます。
 
7.関西質量校正センターにおける校正範囲
 

□分銅およびおもり :
  1mg ~ 1000kg
□はかり(電子式非自動はかり):
  1mg ~ 40000kg
 
 
 
COPY RIGHT (c)2000-2007 KOBE KOKI CO.LTD